メニュー

大人も感染する溶連菌感染症!症状と正しい対処法、予防方法を解説

[2024.02.25]

「溶連菌感染症は子供に多く見られる病気ですが、大人にも感染する可能性があります。症状が風邪と似ているため、治療が遅れると重症化したり、合併症を引き起こしたりするケースもあります。

この記事では、溶連菌感染症の症状や感染経路、正しい対処法について詳しく解説しています。さらに、感染を防ぐための効果的な予防方法も紹介しています。

学校や保育園などの集団生活施設で感染しやすく、子供が感染すると家族間で広がるリスクが高まります。正しい対処法を知り、感染を予防しましょう。

【溶連菌感染症】大人も感染する!


溶連菌感染症は大人にも感染する可能性があります。初めに溶連菌感染症とは何か、主な感染経路と考えられる原因を解説します。感染経路や原因を把握することで、正しい予防対策を実施できるでしょう。

【溶連菌感染症とは?】


溶連菌感染症は、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎とも呼ばれ、その名の通り「A群レンサ球菌」が原因で起こる感染症です。鼻やのどの粘膜、扁桃腺などの上気道や皮膚に感染します。学童期などの子供に多く見られる感染症ですが、大人でも感染する可能性があります。

【感染経路と考えられる原因】


溶連菌感染症の主な感染経路は、飛沫感染、接触感染、経口感染の3つです。感染者と一緒に食事をすることで感染リスクが高まります。学校や保育園などの集団生活施設で流行し、子供から家族間に感染が広がるケースが多いとされています。

【溶連菌感染症の症状は?合併症に注意】


主な症状は風邪に似ており、発熱、気管支炎、咽頭痛、扁桃腺の腫脹、全身倦怠感、苺舌、全身の発疹、嘔吐などがあります。放置すると合併症のリスクが高まり、肺炎や蜂窩織炎、中耳炎、髄膜炎などが生じる可能性があります。

【急激に悪化する「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」とは?】


溶連菌感染症の中には「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」があり、特に30歳以上に多く見られます。初期症状としては発熱、手足の疼痛や腫脹、血圧低下が見られます。劇症型溶血性レンサ球菌感染症は急速に悪化し、敗血症性ショックを引き起こすことがあります。

【溶連菌感染症を疑う場合は「内科」か「耳鼻咽喉科」を受診】


症状がある場合は内科か耳鼻咽喉科を受診しましょう。検査や治療法に関しても詳しく解説しています。溶連菌感染症が疑われた場合は、早めの受診が重要です。

当院への受診はWeb予約!(こちらをクリック)

【溶連菌感染症を悪化させないための注意点】


抗生剤治療が必要な場合は、飲みきることが重要です。症状がなくなっても抗生剤を終了すると再発のリスクが高まります。職場への出勤についても適切なタイミングを考慮しましょう。

【感染しないための予防方法】


予防方法として、こまめな手洗い・うがい、マスクの着用、家族間での感染に注意することが挙げられます。感染予防だけでなく、免疫力を高めるための食生活や生活習慣にも注意が必要です。」

当院への受診はWeb予約!(こちらをクリック)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME